結婚記念日に「トムとジェリー展」に行ってきた。

突然ですが、お宅ではお子様への教育方針はどのようなことをされてますこと?我が家ですか?ええ、我が家では「ドリフターズ」と「トムとジェリー」、「フルハウス」の英才教育を進めておりますの。

ええ、「8時だよ!全員集合」とかですわ。Netflix限定の「フラーハウス」は見せておりませんし、親も見ていませんが「フルハウス」は見せてましてよ。家族愛でしょ?あれ。大事なことはちゃんと教えなければならないと思ってるざんす。

なので帰省の車の中は「ドリフターズ」か「トムとジェリー」か「フルハウス」のDVDが延々流れているわけです。何か問題でも?

というわけで、大型連休の中、銀座松屋で開催されている「トムとジェリー展」に来ましたよ。みんな大好き「トムとジェリー」だし、この10日大型連休なので相当混んでいるかと思いましたが…開店すぐの10時ではたいしたことなかったですね。

展示はトムとジェリーの歴史、制作物、この展示に合わせて作られたオブジェクト、今放送しているというトムとジェリー、「チキチキマシーン猛レース」などの関連アニメの紹介などで構成されてる。

ムスメたちは、英才教育の影響のおかげか、見るもので「あ、あの話のやつだ!」と指さしてストーリーを語りだす。なんですか、これ。親冥利に尽きますね。

この展示のためにつくられたオブジェがまたできが良い。このジェーリを掴んで睨みを利かすトムとかすごい。

「小さい穴を潜り抜けて細長くなってしまったトム」。これも次女ちゃんが「これ見たーっ」って。

瓶の中に落ちてその形になったトム。

フライパンを踏んで顔に当たってその形になってしまったトム。

階段にあわせて潰れてしまったトム。

ビリヤード玉を顔面にウケてめり込んでしまったトム。

a石油王だったら即買いして部屋に飾りたくなるレベルのオブジェ。すごいこれ!

セル画も見ものです。そんなに数多く展示されているわけではないけど、当時はセル画が高くて書いた後に消して再利用したという話もあるので残ってるのだけでも貴重なのかもです。とりあえず、すっごくキレイ!

一部ではこの様にフルすぎて色が落ちちゃってるセル画もあります。

アニメータの机、というのを展示してました。いやいや、コピックは時代考証足りなくなさすぎですよw。

寿命の長いコンテンツってすごい。これだけ長く見られることを製作者は考えてたんだろうか。たぶんそうは思ってない。

でも、見る方はイロイロ学ぶ技術がある。話の作り方、100年近く前にこんな手の混んだアニメが見られるのは素晴らしい。ジェリーの仕草もトムの感情も今よく見るものだ。効果音をオーケストラでやるとか、すごーく画期的だ。

これなんか、死ぬまでに弾けるようになりたいものね。

ムスメたちも楽しめた「トムとジェリー展」。来てよかった。ムスメだけでなく、親も楽しめました。今後も「トムとジェリー」で楽しめる世の中だといいなぁ。

そういえば、りょうすけが一番好きなストーリーは「ピアノコンサート」です。そう、アカデミー賞もとったアレ。こないだNHK Eテレの音楽番組でも特集してましたね。あれ感動しすぎて消せないですわー。円盤にならないかなー。

言ってませんでしたが、今日はりょうすけと妻ちゃんの結婚記念日です。2010年結婚なので、とうとう9年目になりました。ホント、今までで見捨てられてないだけでも奇跡です。ありがたい。

なので、焼肉を食べに来ました。


来年は10周年なので、二人っきりで晩ごはんとか行きたいなー。

Leave a Reply

*