ロードバイク」カテゴリーアーカイブ

Zwift Volcano Circuit 25lapsする地獄

先日、りょうすけくんのZwift利用5周年を祝うメールが届いた。

最近、こういう「利用何周年です!」って言うメール来るよね。Twitterとか。「そんなに使ってたの!?」って驚くよね。twitterなんて15年使ってるって祝うメールだったから本当に驚いたよね。

話を戻してZwiftなんだけど、5年も使ってるくせにりょうすけくんのレベルが40なんだよね。最大50なんだけど、まだ40。

トライアスロン仲間の中でも早いうちにZwiftに取り組んでたのに、りょうすけくんよりレベル高い仲間もいるぐらい。その人も43ぐらいなんだけど。

これはいかんなー、と思ったのよね。今年中にレベル50にするか、と思ったよね。

でもレベルを上げるにはXPを稼がないといけない。1km走ると20XPもらえる。15,000kmぐらい走ればレベル50になれるとわかった。絶望しかなかった。

走行距離以外に、ワークアウトでメニューをこなすと普通に走るよりはXPを稼げること、アチーブメントを取得すれば走行距離のXPと別にボーナスXPがもらえるというのもわかった。正確には知ってたけど意識してなかった。

アチーブメントとは、Zwiftが用意しているコースを完走したり、課題をクリアするとバッジと共にXPがもらえる。コースは4kmの短いコースから160kmぐらいの長いのまである。課題は100km/hを出したり、1000w出したり、Alpe du Zwiftを25回登るとかある。

よし、せっかくだからアチーブメントを獲りに行ってみようと思ったのね。コースも完走してないのは20ぐらいあるんだけど、めっちゃ長いのとかコースの関係でしばらく利用できないとかある。

今回は、課題の中でいつかやらないといけないなぁと思ってたVolcano 25周の「オンファイヤー」にチャレンジすることにした。1周4.1kmで17m登るコースを25周。

次女ちゃんを保育園に送り出したあと、バイクとトレーナーをセット。8時45分ごろにスタート。

とはいえ、部屋の中でローラー台に乗ってるだけ。気楽なものです。ラジオ聞いたり、Youtubeで動画を見たりしながら足を回してたら2時間過ぎたぐらいの69km地点でレベル41に上がりました。レベル50までは長いな…。

XPは走行距離やアチーブメント以外にもコースに用意されたアーチ(ゴールによくあるやつ)を通過するとできるスロットで「ポイント」というアイテムをもらうことでも稼げる。

走り出し数周は意識してなくて、「アーチ」で「ポイント」を運よく2回連続でゲットできた。それが250XPだったんだよね。これ25周したら6,250XP稼げるやん、と思うやん。

だけど、次で「ポイント」以外が出てきて気づいた。TTバイクの乗ってない、と。TTバイクで走ると「アーチ」でのスロットは「ポイント」しか出てこなくなるんだった。慌ててバイクチェンジしてみたら、確かに「ポイント」しかスロットで出てこないけど、10XPしか稼げない。これじゃぁ25周で250XPしか稼げない。トロンバイクでスロット回してる方が、若干速度は落ちるけど稼げるかもなー。

1周4.1kmを7分切る程度で走っていましたが…20周すぎたあたりでガクーンと7分すぎるぐらいにペースダウン。さすがに飽きてきたというか、お尻が痛くなってきました。

2時間50分で23周終わったところ。3時間で終わるかな、と思ったけどオーバー3時間しそうだなぁ。ああ、ケツが痛いw。

24周終わるところ。あと500mで100kmに到達します。

実はりょうすけくん、100kmですら今日初走破です。ミートアップで100km近い距離を走ってはいましたが96kmぐらいで止めてた。理由は、ケツが痛かったからw。

100km走ると500XP稼げるんですね。

さぁ、いよいよ25周達成です。

とうとう25周やり切りました。最後は7分半もかかってますがw。

Volcano 25周のアチーブメントで1000XPをゲットできました。単純計算で50km走った分が貰えました。

3時間走って1,667kcal消費。いいダイエットになりますね。

しかし….レベル50まで遠いな…。できるともまでがんばろうー。次は走ってないコースでXP稼ごうかな。

はー。ケツが痛い。(そればっかだな)

大磯クリテリウム 2021-22 第一戦のピュアビギナーとビギナーに参加してきた。

去年からちょこちょこっと参加してる大磯クリテリウムの2021-22シーズンが始まりました。

もともとロードバイクが苦手なりょうすけくんが、さらなる成長を求めて手軽な、近所でやってるレースで揉まれてみようと思って参加し始めたもの。今回は3回目かな?

朝4時ごろに起床、前日のうちに荷物をセレナに乗せておいたので着替えて出発するだけです。今回はセレナの運搬力を見るためにセレナで移動します。

そんなに道も混んでなく、東京ICから東名高速に乗り海老名SAまで来ました。ちょっと富士山が見えています。

この後、小田原厚木道路で大磯まで行きます。大磯プリンスホテルの駐車場に到着。すでに参加選手の車が止まっています。ここでも富士山が見えました!

今回は整体師のアライさんも参加する。駐車場で会って、「チーム一匹狼」の陣地に一緒に行ってお邪魔することにしました。ええ、りょうすけくんは「チーム一匹狼」にまだなってないのに知り合いを連れてくるとは、図太いですねぇw。

あれ?もしかして「一匹狼」の皆さんはりょうすけくんのことチーム員だと思ってるのかもしれません。「あいつ、いつジャージくれって言うんだろう?」とか思ってるかな。今度会ったら聞いてみようかな…。

さて、今日もいつものトライアスロンショップ「ゴアヘー」のショップジャージで走ります。よろしくお願いします。

8時からの「ピュアビギナー1組目」に参加しました。3周ローリングと5周レースの合計8周レース。1周1kmなので8kmぐらいの周回レースです。

サイクルスクールで学んだ成果か、だいぶ集団走が怖くなくて、今日は積極的に攻めた方だと思う。前の方にいるし、なんどか先頭も引いた。先頭引いて足を使ったのがアカンのかったかもしれないけど。

最後の1周、結構頑張って5位ぐらいのところにいたんだけど、ゴールスプリントができずに刺されまくり、結果10位でした…。

Youtubeにアップされているレース動画を以下に置いておきます。

先頭集団にいるようにしているけどうまく人を利用して足を休めることをしていない、と後日指摘されています。動画を見てるとたしかにそんな感じがします。本人は…前に人がいるのは把握しているのだけどなかなか後ろを走るのが難しかったんだよねー。

ゴールの時に気が付いたんだけど、りょうすけくんはギアチェンジしてないんだよね…。もっと重いギアで踏まないと、なんじゃないのか?と。

午後からビギナーの1組目にも参加しました。こちらは「一匹狼」のメンバーがほとんど参加するという鬼ラインナップで実施。一人だったらワンチャン入賞もあるかな、って思ってたけどメンバーみたら「これは無理」ってなったよねw。

こちらも主催者による動画が上がっているので貼っておきます。

ビギナーはピュアビギナーよりもブレーキをかける人が多くて、でもなかなか前に出られなくて…で、本当につらいレースだった…。最初から先頭に出てついていかないと本当にアカン。3戦目のビギナーでラップ足切りはなく完走できるようになったけど、全然成長していない感じがある。

ゴール後、久しぶりに口の中で血の味がした…。

2戦終わったので今日はもうレースは無し。がっつりたべてやるー!

大磯クリテリウムはキッチンカーなども来てるのがありがたい。とりあえず塩分欲しくて、いや…ジャンクなものが食べたくてポテトとホットドッグ、ファンタのセットを注文した。いやぁ、塩分・炭水化物・炭酸飲料最高じゃねえ?

朝起きた時は100だったボディバッテリー、レース終わってジャンクな食べ物摂取した後みたら7まで下がっていた。りょうすけくんにしてはがんばったのでしょう。よくがんばったぞ。でも次までももっと頑張ってピュアビギナーもビギナーも入賞できるようにしろ。

この後、エキスパートやエリートカテゴリを観戦。同じ人間か?あの入賞した人はりょうすけくんと1つしか歳が違わんの?品川から自走で大磯に来てエリート走って帰るの?な超人たちを見た。ちゃんと成長して少しでもそっちに近づくようにがんばろう。

チームの陣地を片付けて、帰路に着いたけど東名高速で事故渋滞してて小田原厚木道路も大渋滞。朝は1.5時間で来た道を3.5時間かけて帰宅しました。

つぎの大磯クリテリウムは11月です。参加する方向で調整し、ゴール前スプリントができるように練習しようー。

久しぶりの「一匹狼」練

10月の「大磯クリテリウム」に参戦するつもり。今年こそは入賞して「ピュアビギナー」を卒業して「ロードバイク初心者」を言わないようにしたい。

ちょっと都合着いたので、久しぶりにチーム一匹狼の彩湖練に参加させてもらうことにした。

昼ご飯を食べた後の12時50分ぐらいに家を出発。今日は自走で彩湖まで行く。

ちょうど、前日にチームケンズが彩湖練習してたようで、近所から彩湖までのルートをゲットできたのでサイコンに覚えさせた。2020年3月に一度走ってるのでコースの大体のルートはわかってたけどサイコンにナビさせられるかでの安心感は違う。

50 分ぐらいで彩湖に到着。現地ではマツイさんなどのメンバーもいた。「ご無沙汰してます」と挨拶したら「ごぶさたしすぎだろ!」って社長に怒られた。そりゃそうです。

ぼちぼちメンバーが集まって14時過ぎにスタート。10周する。1周目は試走。2~10周までは本気。

4周目まで先頭グループについていったが…坂を登ったところで千切れた….。千切れ狼…。

それでもなるべく上げていこうと心拍も速度もパワーも上げてみる。

6周目、前に居たチームじゃない人っぽい人を抜かしたら後ろにツキイチされた。りょうすけくんはまだまだいけるぜ、ってがんばったんだけど、半周したらその後出せそうになかったので先頭を譲った。譲った瞬間、千切られた。

300m先で、「そろそろ前に行けよ」と合図しているのが見えた。もうそこにりょうすけくんは居ない。すまん。彼はそのまま先に行った。彼が同じチーム練習していると知ったのは10周した後だった。

8周目、休憩から戻ったチームの人がちょうど前にきた。なかなかの強者と聞いてた人だ。その人が前に居るならついていかねば。りょうすけくんは頑張ってついていった。

ひたすらツキイチ。前には出られない速度なんだ。だって45km/hだよ。

彼の足の動きがきれいすぎてうっとりする。これはやばい。1周、お手本を見せてもらって大満足。

10周おわって、最後2周。千葉大医学部3年の人とラストスプリントの練習。若いし細いし、軽い彼は、44歳のメタボおじさんとは比べ物にならない瞬発力で千切っていきやがって…うらやましいぞこら。

最後に記念撮影。

すっかり秋な夕方。

彩湖から来た道を戻る帰路につきました。

キチガイ年寄りと短気な若者の喧嘩とかスルーしながら帰りました。

しかし、最後まで練習について行けるようにならんとなー。

ケンズの方々と坂巡りサイクリング

もともとはトライアスロン友達のサカイさんが提案する、ヤビツ峠を登りに行こうというサイクリングだった。

ヤビツ峠は神奈川側から登るルートと、宮ケ瀬湖方面から登る「裏ヤビツ」のルートがある。「裏ヤビツ」は2019年の台風19号(だったかな?)の影響で通行止めになり、今年の夏にやっと復旧した。このルートを走ってヤビツ峠を登ろうと…裏と表を登ろうとしてた。

トライアスロンチーム「チームケンズ」のコーチ、ハラダさんを誘うと聞いてたのでぜひ一回一緒に登りたいと思ってた。

だけど…先日の台風のせいでまた「裏ヤビツ」が通行止めになった…。

すでにサイクリングの予定は決まってたので、「裏ヤビツ」はあきらめてサカイさんプロデュースの「坂巡りライド」に変わったんだって。

というわけで、本日はトライアスロンチーム「チームケンズ」の面々とりょうすけくんがいく坂巡りサイクリングをお届けします。ルートはこんな感じです。

結果的に、以下の坂をめぐり1,500mの獲得標高を得られました。

・連光寺の坂
・百草園(初)
・野猿峠&法政大学の坂
・雨降林道
・相模野CC
・馬渡大坂
・半原越
・土山峠
・多摩動物公園の裏(初)
・連光寺の坂

集合

集合はファミリーマート稲城いちょう並木通店。事前に「南多摩駅近くのコンビニ」という情報があったからてっきりセブンイレブンかと思って現地に行ったら主催者がファミマって言ってる!ってちょっと迷子になった。

無事、集合時刻までにファミマに着いた。ハラダコーチはセブンイレブンと間違うどころか、矢野口のローソンで待ってたことが判明。参加者全員を震え上がらせるw。

メンバーはチームケンズのハラダコーチ(佐渡トライアスロン2019年 2位)、主催者のサカイさん、小金井公園-拝島往復ラン仲間のカワシマさん、坂が大好きマツオカさん、りょうすけくんがダンシングを盗みたいオキハラさん、おじ練仲間(?)のオカダさん。以上がチームケンズ所属。そしてりょうすけくん。

あれ?なんでりょうすけくんがいるの?って組み合わせですね。

連光寺の坂

7時すぎにファミマをスタート。りょうすけくん以外のチームケンズのみなさんは土曜日はチーム練習なので、今日は疲労のはず。サカイさんがりょうすけくんに意地悪して先頭を引かせます。まぁたしかに足はフレッシュですよ。バイクでの実走は二か月ぶりですし。

最初は「連光寺の坂」。Stravaによると2kmで平均勾配3.3%、71m上る坂。りょうすけくんもよく登る坂です。

今日はサカイさん主催で、大まかなルートは教えられていますが状況に応じてプラスマイナスするとのことなので油断できません。最初から飛ばすことなどはしませんよ。

230W平均で登りました。(Stravaの記録参照)

おかしいな。サカイさんには「120W程度で登れ」と言われたけど、ちょっと踏んでしまったようです。申し訳ない。

あのね、りょうすけくんは「みてみろ、俺のパワーを!」なつもりはなくて、一定の速度というかペースで行くのがいいんじゃないかと思ってしまい、気づかず力が入ってることがあります。

本人は120W程度を心掛けているのですが、ふと踏んでいることがあるんですよね。本当に気を付けてるのですが、これからも気を付けます。今回はすみませんでした。

百草園

聖蹟桜ヶ丘を越え、やってきました百草園。りょうすけくんは初チャレンジです。

住宅街の中にあるのですぐ横に家があるし、車の往来もあります。400mの距離、平均勾配10%、46m上ります。

登り始めはまだまだ和気あいあいムードのメンバー。

最初は一桁の勾配で100mほど進み、少し上がって10%が50mほどあります。200m進んだところの「百草園」の看板があって左に曲がるところから13~24%の勾配が来ます。

おおうっって思いますが登れない坂ではありませんでした。勾配はありますが、距離が短いのでここは勢いで登り切れますね。

「車に気を付けて」と言われてた。実際上り始めたら、斜度が厳しいところで対向車が来て、「これはやべぇw」って思いました。なんとかピークまで完走。

坂大好きマツオカさんは積極的に攻めて、オキハラさんはいつも通りの雰囲気で坂を楽しみ、ハラダコーチも「これはキツい」とかいいつつもサクサク登っています。

それにしても、この三人の坂ダンシングのきれいな事。りょうすけくんはずっとシッティングで我慢の子でした。坂は好きだけど斜度がキツいと立てません。ダンシングが下手なんだからでしょう。

坂があるのはしょうがないことです。ですが、それを好きに登ってるのに「こういう坂のそばに住んでるなんて信じられねぇな」って言うのはいかがなものか、と思いその人を見たら…「こんな坂が身近にあるなんて天国か?」みたいな顔してました。なんだ、ただの「坂バカ」か。

変態は、近くにいますよ。お気を付けください。

帰宅した夜、Stravaの「今日のリーダーボード」を見たら2位にオキハラさん、3位にりょうすけくんがいました。初見の坂なので様子見したところがあります。(ハラダコーチとマツオカさんはStravaにデータを上げてない様子)

野猿峠&法政大学の坂

百草園を下り、城山湖に向かう途中にある野猿峠&法政大学の坂。

野猿峠から法政大学を越えたところにあるローソンまでフリー区間と主催者のサカイさんが指定したのと、「りょうすけくんが道は知ってます」と言ってしまったことでりょうすけくんに微妙なプレッシャーがかかります。

野猿峠は2km、平均勾配3%、62mほど登る長ーく微妙に登る坂。最初に飛び出したハラダコーチ。ハラダコーチの足の筋肉に惚れながらも、道案内する役目を仰せつかったので途中で抜かして先頭につきます。

野猿峠のバス停を越え、そこから下る。最近上手になったと評判の「普通のダウンヒル」でチェックポイントのガソリンスタンドまで来て左折、国道16号を西に進んでトヨタの自動車学校の交差点まで来て左折。

ここから法政大学までいくつかの上り下りがある。

いくつ上がっただろう。次が法政大学かな?って谷にある交差点で「次のピークぐらいが法政大学で、その先に休憩のローソンがあります。」と後続メンバーに言った。

しかし、次に来たのは普通の坂で法政大学はなかった。「ごめんなさい、次の坂が法政大学です。」と風景をみて察したりょうすけくんは言ったが…すでに遅し。

この後参加者のオカダさんに「(法政大学の坂の)あの坂の時から信用してませんw」と笑顔で言われた。りょうすけくんの信用崩壊の瞬間である。

無事ローソンに到着。後続メンバーと合流して休憩しました。

雨降林道

ローソンを出たらすぐに雨降林道です。主催者のサカイさんが、時間的にゲートが開いてるかを心配していましたが今朝は開いて安心しました。

それにしても、初見のみなさんの坂への勢いがすごい。ハラダコーチ、オキハラさん、マツオカさんもなんで坂の最初から踏んでいくのw?

この雨降林道だけはオキハラさんに勝てたようですw。

ハラダコーチが城山湖の坂を登ったことはあるが、湖まで来たのは初めてだと言ってたのが衝撃でした。なんと言うか、練習として自転車に乗ってる人は練習コースのちょっと先にある絶景ポイントはコース外だから不要、ということなんですかね。今回、風景に感動してたのを見て、ハラダさんも人間なんだな、って思いました。(コラ

TOKYO2020ピクトグラム

城山湖を後にして宮ケ瀬湖方面に移動します。その途中にあるTOKYO2020の自転車競技ピクトグラムの見学に寄りましょう。

2021年7月、8月に開催された東京オリンピック・パラリンピックの自転車競技のアイコンです。閉会と同時に撤去されるかと思われていましたが、2021年12月までは掲示されるとのこと。

折角なので、自分の自転車とツーショットを撮っておきましょう。

写真で見るとそうでもないのですが、実物はすごく大きい。今日のメンバーで集合写真を撮ったら…みんなの顔を認識できないぐらい小さくなっちゃいますね。

相模野CC

続いて、サカイさんが「登ってる人の苦痛顔が見られるから♪」と言ってた変態坂の相模野カントリークラブ横の激坂です。

この看板のある小道を入り、ちょっと行ったところからスタート。1.6kmで170m登るショートヒルクライムコース。最大23%、15~18%の場所多しなところ。

そうそうにハラダコーチ、オキハラさん、マツオカさんに抜かれました。ここまで引いたのがちょっと足に来たかも。

ですが、今日はオキハラさんのダンシングを盗むという目的があります。オキハラさんになるべくついていくも…やっぱり千切られました…。

ハラダさんもオキハラさんも、坂を蛇行して登るっての普通にするんですな。初見の坂なのに「まだいけるだろう」とか「斜度が厳しいのはここだけだろう」とか判断せず、厳しいから蛇行するっていう行動なんだろうか。

ってのを自分が一緒に登ってる時に気にしなかったので、今度会った時に聞いてみよう。

今日のこの坂は12’26″のベストタイムでした。二回しか登ったことがないので前回よりは速くなっています。ですが、オキハラさんに15秒負けました。次こそは…w。

ご褒美アイスクリーム

前回の相模野CC後にもご褒美として立ち寄った玉子農家のアイスクリームを今日も楽しみます。

本当に絶品。濃いミルクセーキをソフトクリームにした感じがとっても好きです。

馬渡大坂

スイーツでちょっとカラダが冷えて温めたいかなーってところでちょうどいい坂がありました。

500mで50m登る坂。

ここも二回目ですが…前はこんなにきつかったかな、って坂でした。

自己ベストだけど、オキハラさんに45秒遅れてます。あれ?

半原越

「はんばらごえ」と読むこの坂にもチャレンジです。4kmで240m登る坂。宮ケ瀬湖方面に行くために山を登るというイメージの峠。

オキハラさんのダンシングを盗むって言ってたくせに初っ端から置いていかれました。自分の力のなさを思い知らされます。

だって、調子悪くないもん。最近、Zwiftできてないから足が出来てないとは言い訳できるけど、雨降林道も相模野CC横も自己ベストで登ってるもん。今日は先頭を引いてたってのを考慮しても自己ベストが出てることを考えると「引いてた」は言い訳にしかならない。

この「半原越」でオキハラさんに2分遅れてピーク到着。120秒遅いって、まじか。オキハラさん、すごいな。りょうすけくん、遅すぎだな。すごいな。

ちゃんとZwiftでも練習しよう…。そう心に誓った瞬間でした。何度目か数えてませんが。

土山峠・宮ケ瀬湖までの道

宮ケ瀬湖まで一直線の道になったのでちょっと頑張ってみます。

土山峠までは頑張って300Wペースで登る。宮ケ瀬湖までも300Wで引く。ちょっと自分を試したくて。橋のところまで行って「後続を待ち合わせる」と理由つけて休憩。

後ろのハラダコーチは汗かいてないw。

こっち汗だくなのに…。これが格の違いか….。ハラダコーチの方が年齢的にも若いが、これは悔しい。ちょっとでも近づける練習をしよう。するよなっ!?

宮ケ瀬湖でちょっと休憩。

そろそろ昼ご飯に行きませんか!

考和

サカイさんのルートからランチは「考和」。なんどか前を通ったことがある中華料理屋さんですね。バイクラックはないので適当に網フェンスに立てかけたり、鍵つけたりします。

町中華の店ってメニュー多いよね。ここも例外ではなく、メニューを見てると「ラーメンってこんなに種類があるんだ」って思うほど列挙されています。麺は同じでスープの味付けや具が違うだけなんですけど、組み合わせは無限大ってやつです。

そんな中、気になった「中華風うどん」をりょうすけくんがチョイス。ラーメンですらないというね。

太麺のうどんに、野菜たっぷり。スープは中華風だけどとろみがついているのと、野菜も大きめに切ってあってしっかり熱が通ってるので猫舌のりょうすけくんは苦戦しました。もちろん美味しかったですよ。でもチャーシュー麺にすればよかったかなーって思いました。

おいしゅうございました。ごちそうさまでした。

お腹がいっぱいになって集中力が切れそうだったので、店を出る前にカフェイン剤をキメときました。

多摩動物園の裏の坂

野猿街道をちょっと逸れて、Stravaでは「MemorialTamaHillClimb」というセグメントが作られていたところを登りました。1.4kmで64m登る坂です。これを登ると多摩動物園の前に出ます。

平均4%ですが、最大9%程度。そこそこ楽しめる良い坂でした。

流れ解散のコンビニにて

聖蹟桜ヶ丘周辺まで戻ってきました。ここでコンビニ休憩をして流れ解散だそうです。

とりあえず、サカイさんが買ってたアイスが気になったのでりょうすけも買いました。一口サイズで食べやすく、量もちょうどよいですね、これ。

ケンズの男性3人はこの後、小金井街道で北上しました。

りょうすけくんのサイコンによると、この時点で獲得標高が1,460mだったので、連光寺坂を登って1,500オーバーを狙うことにしました。女性陣と連光寺坂登ってきます。

流れ解散なのでここで自撮り。なんか、奥がぼけてるなぁ。

最後に

ちょっと早めのサイクリング終了だったので矢野口ローソン近くにあるCross Coffeeに初入店してみようかと思ったのですが、最後のコンビニ休憩でコーヒーを飲んでしまってその意欲が無くなってしまいました。

そのまま矢野口から北上して境浄水場まで移動、帰路につきました。今日も、無事帰ってます。

ケンズの人たち強かったなー。やっぱり乗り込んでるだけあるんだろうなぁ。りょうすけくんもちょっとでも乗ってついていけるように頑張ろうと思います。

獲得標高は1,560mになりました。