鶏むね肉の南蛮漬け

「晩御飯?何も考えてなーい♪」って妻ちゃんが言うと「晩御飯はパパちゃんがお願いね。」ということだ。

リモートワークなりょうすけくんは家にいる。エッセンシャルワーカーの妻ちゃんは朝、職場に出かける。

朝、送り出す時に「晩御飯用になにかすることある?」と聞く。「魚を解凍しておいて」とか「豚肉出しておいて」とか言われればそれに従うし、「何か作っとく?サラダとか。」と追加質問して手伝うことにする。

返事の一つに来るのが「何も考えてなーい♪」だ。

夕刻に仕事の作業があるときは丁重にお断りするのだが、今日は断る理由がないので引き受ける。かわいい妻ちゃんのリクエストだ。応えないわけにはいかない。

冷凍庫を見ると鶏むね肉がたんまりあったので、今晩はこれを調理しよう。

鶏むね肉といえば…親子丼、焼き鳥丼、油淋鶏、チキンステーキ…思いつくのは最近やったな、というメニュー。どうしよう…。

そうだ、南蛮漬けとかどうだろう。タマネギとニンジンとピーマンがあるし。

鶏肉(400g)は一口大に切って、塩コショウと酒を振りかけて味付け。タマネギは薄切り、ピーマンとニンジンは千切りにしておく。

酢200cc + 砂糖大匙6 + 醤油大匙6を混ぜておく。鶏肉に片栗粉をまぶしてフライパンで焦げ目がつく程度に焼いて、退避皿に移す。

フライパンに野菜を入れて炒め、肉を戻し、酢・砂糖・醤油を混ぜたのを入れて蓋をして煮る。

思いのほか手間取って時間をとられたので、副菜は簡単にたまごスープ。

タマネギは水にさらすこともなく、新タマネギでもない為、ムスメ達にはちょっと辛かったかも。タマネギ以外はちゃんと食べてくれたのでよしとするか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です