このサイト「www.deer-n-horse.jp」のSSL証明書の発行元を乗り換えた。

5月 18th, 2017

商用利用でなければ無料で利用できたStartSSLというSSL証明書を利用していたが、2016年10月頃から運営側の様子がおかしくて、ついにGoogleやMozilla、AppleなどからCA証明書の削除を宣言されている。

GoogleはGoogle Chrome、MozillaはFirefox、AppleはSafariというWebブラウザを提供していて、iPhoneやAndroidに標準搭載されているWebブラウザもSafariとChromeなので、このSSL証明書を利用しているとPCのブラウザをはじめ、スマートフォンやタブレットからもこのサイトにアクセスできなくなる可能性が出てきた。

そりゃぁこんなサイト、誰も見てない事は知ってるけど、自分用リンク集とか、RSSリーダとか、OwnCloudによるWebストレージへのアクセスができなくなるのは困るので、主に自分のために動くしかない。

で、当サイトは3月頃からPCのChromeでは警告が出て素直にアクセスできてなかったようです。
Chrome使ってないので気付いていませんでした。ごめんなさい。

4月ぐらいからSSL証明書ベンダーを選定・検討していたのだけど、値段とか仕様とか気になって実行が遅くなったのよね。
気にしてたのは

  • 値段
  • SubjectAltName

だけですが。

値段は、今まで無料で使ってたので安ければ安いだけありがたいが、「安かろう悪かろう」も困るので、ケチらず少しは出してもいい事にした。それでも予算は1,000円/年ぐらいを想定してまてたけど。

SubjectAltNameは、証明書に定義されるCN(Webサイトのホスト名「www.deer-n-horse.jp」)の別名を組み込めるかが焦点で、「www.deer-n-horse.jp」で申請するが「deer-n-horse.jp」も別名組込みされると今の使い勝手と変わらないのでありがたいなぁ、というわがままな要望。

国産のFujiSSLが、1,080円/年だったのでとりあえず「www.deer-n-horse.jp」だけでも更新しようと申請したら「deer-n-horse.jp」もSubjectAltNameに着いてきました。やったー。って喜んでるけど、イマドキのSSL証明書だと普通だったりする?

FujiSSLの支払いはクレジットカード利用しましたよ。申込画面で、StartSSLと同じように「C=jp, CN=www.deer-n-horse.jp」のCSRを作成して申し込んだら「エラーが発生しました」って表示されて、それ以上の情報が無くて困った。問合せたらlocaleとかOrganizationUnitとか入れろって。ちゃんとマニュアル読んでないりょうすけちゃんのミスである。わははー。それにしては、もう少しエラーメッセージわかりやすく書いてよ。

もう一つ「deer-n-horse.net」があるのですが、こちらはGoGetSSLという海外格安SSLを利用してみます。$4/年という格安さ。
これは使ってみるしか無いでしょう。

ここはまずSSL証明書の購入権を買う。PayPalが利用できたのでそれを使って$4だけ登録した。
その後で証明書をオーダー。CSRを入力して申請ボタンを押せばメールで証明書が来ましたよ。

とりあえず、2枚のSSL証明書はサーバに設定して稼動状態になりました。
PCやスマホ・タブレットのブラウザからもエラーなくアクセスできるようになりました。めでたしめでたし。

無料で利用できる「Let’s Encrypt」というサービスもあるけど、3ヶ月毎更新とか、各Webサーバでボットを動かすっていうのがちょっと肌にあわなくて、それぐらいなら1,500円/年ぐらいなら払ってもいいか、と今回はこれらのサービスを利用した。

もし格安SSL証明書を探しているならこの2つを選択肢に入れて検討してみてはいかがでしょう。

齢40にして、初めてアソコの毛を剃る、の巻。

4月 17th, 2017

dマガジンで毎月読んでるサイクル雑誌「Bicycle Club」の5月号に「プロ選手はワキ毛を剃っているらしい!?」との記事があった。
前から「男の脇毛ほど無駄なものはない!」と思ってるりょうすけちゃんは大変興味深く読んだそうです。

記事によると、ヨーロッパのバイク選手は「涼しいから」という理由だけで剃っているらしい。
涼しい理由は、毛がない事により、出てきた汗が蒸発した際の気化熱で涼しく感じるらしい。
しかも、毛がないことで雑菌の繁殖を抑えて匂いも抑えられるとか。

暑がり&汗かきのりょうすけにはぴったりじゃん!

記事では実際に剃ってサーモメーターを使ってカラダの表面温度を計測して実験している。
たぶん実際に涼しいのだろう。さっさと実践すれば良いのだが、迷いはある。何を悩んでるかって、それは…。

  • 毎日剃れるか。
  • うまく剃れるか。

やってみないとわかんないね!

一応、「脇毛を剃ろうかと思うんだ」と妻に相談したら、「銭湯やプールで恥ずかしいとか思わないなら良いんじゃない?」と言われた。
あるべきところに毛が無い事が「恥ずかしい」と認識されるのはなんとなく知ってたけど、力士だって擦れて無くなってるし、女子は処理しているのに男がやっちゃいけないなんて変だと思ってるので、ぜーんぜん恥ずかしくないから全く問題ないな。

よし、剃ろう!
意外と脇周辺はデコボコが激しいので、ちゃんとカミソリを走られられるんだろうか。
実際に、女性用カミソリを用意して実際に剃ってみた。
最初はハサミである程度カットし、入浴時にソリソリしてみた。

人の脇毛など気にして見たことがないので、剃った後の自分を鏡で見ても特になんとも思わない。
そして、剃ってみてどうよ、ってトコだが一言で言うと、快適である

剃った後にランニングしてみたが、涼しくて快適である。
しばらく剃毛ライフを楽しんでみることにしよう。

あまりにも快適過ぎて一ヶ月後ぐらいに脱毛考えてるかもよ?

小金井公園で桜吹雪が綺麗だと思ったのでランニングしてきた。

4月 16th, 2017

花見報告がちらほら聞こえてくる今日この頃。そろそろ近所の小金井公園(別名「オレの庭」)で、さぞ見事に桜吹雪が見えるだろう、と様子見とランニングを兼ねたお誘いをフェイスブックに上げてみた。

今回はマップと、自転車置き場があることを通知に追加した。反省は活かすものです!(たまにやったから偉そうに)

今回は、武蔵野トライアスロン教室の仲間が参加してくれましたよ。想定コースの2周を一緒に走れました。
一緒に走る経験が皆無なりょうすけにはとっても新鮮な経験でした。人と走るって楽しいね!(ボッチらしい感想

途中、同じく武蔵野トライアスロン教室にいた人を見かけた。
挨拶を軽くして次は確保できるように連絡先を聞こう。うん、無理強いはしないつもりだけど。

2周して一緒してくれた方は撤収。ありがとうございました。

その後、2周まわって本日の獲得走行距離は20kmになりました。

桜吹雪はそんなになかったけど、残った桜と新緑、朝日の気持ちいいランニングになりました。
ちゃんと告知・実施ができそうな気がしてきたのでこれから定期的にやってこうかな。
次はアナウンスに日付を付け加えてみよう。

雑誌Running StyleとスポーツメーカSalomonの企画「トレイルランニング教室」に参加してきた。

4月 15th, 2017

先日、富士登山競走へのエントリーを試みたものの、希望者殺到で申込できずに「予選落ち」したのですが、よく考えたらりょうすけくんはマラソンはしてるけど山を走って登るトレランの経験が全くないのよね。

来年、再挑戦するにしても、練習場所を用意しないといけないし、その練習場所は自然と山になるし…ちょっとトレランをかじっておいたほうがイイような気がするなぁと思ったら、Facebook経由で「ロードランナーのためのトレラン講座」なるイベントを見つけた。

しかも雑誌の「Running style」(いつも「dマガジン」でお世話になっております!)、メーカー「Salomon」(ハイキングで使ってるベースウェアや、ランニング時のベルトなどでお世話になっております!)が主催し、トレランシューズを貸してくれるという。メーカーの営業と、雑誌の取材と、ユーザの学習意欲・お試し履きをまぜた、Win-Win-Winの関係なイベントじゃん。

これは積極的に参加しなきゃ、と妻と日程を相談して参加することにしました。
理解ある妻で本当にありがたい。

講習は13時に青梅駅集合、2時間近く走って16時解散の予定。

とりあえず、青梅駅に来ました。東京都は思えない西の果て、思わぬ列車トラブルとかあると困るので12時過ぎに着くようにしたら…トラブルもなく予定通り12時に着いちゃったよ。さすがJRだな。

時間があるので駅前を散歩すると…長崎屋だっけか。看板がのこってそのまま中身がどうなってるかわからない建物があります。
なにやら営業している店がある感じがするので、廃墟というわけではないようです。

ランチにお茶漬けを食べてきたけど、やっぱり足りない気がしたので駅前のコンビニでオニギリを2個買って食べました。
最近のコンビニおにぎりっておいしいよね。

時間の13時になったので改札前に行くと数人のそれらしい人が集まっていました。
参加メンバーがあつまったところで、徒歩で目的地の公園に移動、そこで料金を支払い、シューズを借ります。
今回はサロモンが参加して「トレランシューズ」の体験ができるのです。実際に履いて山を走るのが理想的な「試着」ではあるのでありがたいことです。

富士登山競走を目指すにはやっぱり必要だと思うのでこういう企画は本当にうれしい。
というわけで、以下が借りたシューズです。ソールのデコボコが下りで力を発揮するモデルだそうで、たしかに楽でした。

チーム・サロモンに所属するランナーが講師として入ってくれている以上、何かを盗んで帰らなければいけません。
いいえ、シューズはちゃんと帰りに返しました。シューズは盗んでいません。いいですか?繰り返しますが、シューズは盗んでいません。

他の参加者が遠慮しているようなのでコーチのすぐ後ろについて、足取りを真似て走ってみました。
歩幅、ペース、足を置いた位置も。ほぼりょうすけの想定した足取り・ペースだったのでなんとかなるような錯覚に陥りました。大丈夫だろうか。

途中、小雨が降ってきたので「これならぬかるんだ地面を走る方法も盗めるかな」と思ったけど、すぐやんじゃって盗めませんでした。
入門コースなので激しい山道を進んだわけではないのだけど、足の動かし方は勉強になったと思う。

今回のコースの折り返し地点からの都心風景。まったくどこだかわからない。

復路からみた八王子市街の風景。

行程としては、5kmぐらいを1時間ぐらいかけて走りました。
折り返し点直前の激坂も結構たのしいと思えたのは収穫です。
気付いてなかったのかもしれませんが、りょうすけちゃんはもしかしたら「坂バカ」かもしれません。

Garminで記録をとってみたのでみてみますと、400mも登っていないのですね。富士山と比べられるかというと…一回じゃ駄目だな。

トレランとしては、なんとか行けそうな気がするが…問題はコース作成かなぁ。
あ、あと仲間だな…。うん、コミュ障のりょうすけちゃんにとってはそれが一番の問題だなー。あははー。