魚満足度が別次元の武蔵野 寿栄広(すえひろ)に一年ぶりぐらいで行ってきた。

7月 12th, 2017

吉祥寺の飲み友達おん蔵さんと「寿恵広に行こう!」って言ったのはいつだろう。たぶん去年の末だ。
去年の末から年度末にかけて仕事と執筆で死にそうになってたので「春になったらね」と延期していたが、みんな都合わるくてずるずる夏まで来てしまった。

結局、6月にBBQで会った時に改めて日程調整して予約してもらった。
おん蔵さんには待たせてしまうし、予約もしてもらうしアタマが上がらない。

そして今日、寿恵広の日である!

あと、「最近りょうすけはブログあげないしなー。上げてもトライアスロンの記事ばっかだからなー。」って言われました。
くやしいです。一応スポーツ以外も挙げるつもりはあるんだよ。本当だよ。

6時過ぎに秋葉原にある職場を出て三鷹駅に向かう。帰宅ラッシュで混雑する電車の中では、これから頂くマグロを想像したり、これから頬張る牡蠣を想像したり、とりあえず一杯目はビールだよな、って思ったり。

出るのが遅かったので7時集合なのに7時15分到着でした。なに?主人公気取り?

扉をあけると、おん蔵さんとナブーさんがすでにビールを頂いていた。
遅くなったので「先に始めててください」ってメッセージしたけど、はじめのマグロは手を付けずに置いておいてくれた。
なんて友達甲斐のある人たちだろう。君たちは心の友だ。ボエ〜♪

とりあえず、ビールで喉を湿らせる。スタートはおなじみのマグロ盛り合わせ3人前。
甘鯛ものってる。マグロじゃないのがマグロ盛りで乗ってるのを初めてみました。
言うほど頻繁に来ているわけではないので実はよくあることかも知れませんが。

マグロは美味しいですねぇ。甘鯛も美味しいねぇ。

続きまして、ボタンエビ三人前。
大きいボタンエビ。プリプリで素晴らしい。本当にすばらしい。

ビール堪能したところで、次にしましょう。
そばアレルギーの製粉会社勤務の方が参加されているので安牌なむぎ焼酎にチェンジ。

 
魚介類以外も美味しいこのお店。その代表作の一つが「ポテサラミックス」。
ポテサラとマカサラの融合であります。これほど素晴らしいコラボレーションがありましたでしょうか。いやない。(反語

生たこもぷりぷり。どこを噛んでもぷりっぷりっ。飲み込むまでぷりっぷりっ。

生ホヤ。っつっても酢の物になってましたが。
今年はホヤをさばいてないなぁ。宮城県でホヤを食べたいなぁ。
食べたあとで日本酒飲んで甘みを感じたいなぁ。

うーん、今年は無理かなぁ。

岩ガキでかいのきたー!

大きくて一口でいけませんでしたね。二口でした。
二回も口いっぱいに牡蠣を頬張れるってスゴくしあわせだ。
これなら牡蠣に当たっても文句言えない。当たったこと無いけど。

おん蔵さんのとこに届いた岩ガキは殻が激厚。殻が厚い代りに身が小さかった。
もう、言ってくれれば交換したのに。

〆はバータと卵のおじや。

一人4,000円ぐらい。大変おいしゅうございました。
この後、玄関食堂に久しぶりに行って、衝撃の報告を3つ浴び、世の中には小説よりも複雑な事ってあるんだぁと思いながら23時頃、中央線経由で帰りました。
あ、すみません。玄関食堂の記事はありません。

ええい!8月11日まで走るの止めて左スネ完治させる!

7月 10th, 2017

6月18日の日産カップ以降、左スネが痛い。レースが原因じゃないのはわかってる。なぜなら、これは一度通った道だから。

二年前の2015年10月、しまだ大井川マラソンに向けて、数ヶ月の間100km/月を越える走行距離を稼いでた。

今回は4月と5月で、同じように100km/月を超えてる。ね、同じでしょ!?

あれから3週間、結局6月は88km/月で終わり、7月は今日のランを含めて12km。

今日、ちょっと左スネが大人しくなったので走ってみたらやっぱり痛い。全然治ってない。

スネなのかな…膝裏も痛いし、二年前より少し上が痛い気もする。一度スポーツ整形外科行こうと思う。

と、いうわけで全然痛い。

ちゃんと直さないと8月のトライアスロンも、10月のフルマラソンも棒に振りそうなので、一ヶ月後の8月11日まで走るの止める!

その代わりスイムとバイクに時間をかけます。バイクはこの夏にいろいろ技術を習得したいのでイイ機会だ!前向きにね!

…ねえ、伊谷さん、バイクまだぁ?

おにゅうのランニングシューズ NOOSA FFを購入。サイズは-1.5cm。

7月 2nd, 2017

スポーツSNSのStravaから、こんなメールが送られてきてる。使ってるシューズやバイク、タイヤ等のギアを登録し、日々のトレーニング毎にどれを使ったを記録すれば、替え時を知らせてくれるのだが、使ってたASICS Gelfeather Glide3 Wide で600km走破したとのこと。

シューズは1,500kmぐらいを目安に交換と思っていたけど確かに、この頃ソールがすり減ってきた感じがある。

Gelfeather Glide3 Wideも2015年の東京マラソン前に買ったものなので、2年半履いてるし、そろそろ替えてもいい頃合いでもあるよね。
いや待て、2年半で600kmしか走ってないのか、って話に…ゲフンゲフン、いや、なんでもない。

で、半月前ぐらいからシューズ替えようかなーって思っていたので今日は買い物ついでにスポーツ屋さんに行ってきましたよ。
みんな大好きヴィクトリアーっ。

で、「オレちゃんもサブ3.5を狙う身分。2年半前の東京マラソン以来サブ4してないけど、ここは景気づけに Gelfeather Glide3 Wideの上位機種であるTARTHERZEAL 5の幅広モデル”ASICS Tartherzeal 5 wide”にしようかなぁ。色はどれがいいかなぁ。」って見てたら店員が寄ってきたの。

店員「おいおい、見た感じサブ4レベルのお前の足でまさかTartherzeal 5、しかもWideなんて買おうとおもってるんじゃないだろうな!?
え?まじで?買おうとしてたの?
やめとけやめとけ、その足でWideなんでブレるだけだし、Thartherzealなんて100万年はえぇぇよ。ばーか

はぁ?足の幅が広いからWideだって?サイズ26.5?ホントかよ。いいからちょっと来い、ココに乗れ。そう、これ計測器。そして前を見ろ。前を見ろって言ってんだろこのスットコドッコイ
お前の足のサイズ24cmしかねぇじゃねぇか。確かに幅は広いけど普通でいいよ。なに勘違いしてんだアホンダラ。
いいか、お前にあうサイズは25cmのシューズだ。そしてワイドじゃなくて十分。ワイドなんか履いたらブレるぞ!

そしてThartherzealはつま先の先端からカカトの最後尾までのラインが超曲がってるモデルで、走り方ちゃんとしてねぇヤツが履いたらシンスプリントとかヒザ痛になっちゃうんだぞ。知ってた?
はぁ?今、シンスプリント気味なの?それみたことか、ばーかっ

お前みたいな勘違い野郎にはコレがオススメなんだよ”NOOSA FF“。
これなら最先端から最後尾までがThartherzealに比べて滑らかだから足が外に逃げることもない、サイズも25cmにすればつま先でわざわざ蹴らなくてもシューズが蹴ってくれるようになるよ。

ソールが分厚い?今履いてるGelfeather Glide3 Wideの厚さ見て言ってるのか?比べてみろよ、その節穴の目で
NOOSA FFとかわらねぇだろ?

はぁ?お前トライアスロンなんてやってるの?生意気に?そのカラダで?
いいこと教えてやる。この”NOOSA FF”は実はトライアスロンやウルトラマラソンにもオススメなモデルだ。
トランジットで履きやすいようにカカトにベロもついてる、ソールのデザインにスイム・バイク・ランが組み込まれてる。
ほら、上田なんとか(注:上田藍のこと)も履いてるぞ(注:未確認)。

よし、コレ買ってけ。あとアレだ、このソール入れてみよう。これだけで全然変わる。
ほら、どうよ?だろ?かわるだろ?
そりゃあれだ、ソールが助けてくれるんだよ。これで走ってみろ。

目標は10月末のフルマラソン?おっけーおっけー。オレもこれでサブ3できてるからお前にもできるよ。
あ、サブ3は無理か、その足じゃな。でも今からなら間に合うから買ってけ。レジはあっちなっ!」

と説得されて買ってきました、NOOSA FF。(店員のセリフはかなり誇張しています。普通の会話してましたよ。本当ですよ。)
りょうすけらしからぬカラーリング。

試着して走ってみたらフィット感と軽快さが半端ない。製品タグにトライアスロンのことも確かに書いてあった。
クッション性からもしかしたらONのクラウドなんとかを意識したモデルなのかも。

これは、今までの経験をすてて構築し直す必要がある気がする。とりあえず、ここまでフィットするのを履いてなかったのでどんな感じになるのかしばらく走ってみます。

それにしても自分の足が図ってみたら24cmとか、なんか別世界に来たみたいだ。
あ、62kgぐらいの体重になったらもっと別世界になるかな!?

 

日産カップトライアスロン参加。オリンピックディスタンスクリアなるか!?

6月 18th, 2017

さ、やってまいりました。今年のトライアスロン初陣です。
なにより、りょうすけちゃんにとって初のオリンピックディスタンス!
なにより、りょうすけちゃんの初海レース!

今日のレースを経て、目指すことになった来年の皆生やその他ミドル・ロングへのステップにしたいところ!
というわけで、今日は参加した日産カップトライアスロンの日記です。日記なので、長いよ!

出発

準備はなるべく前日にやっておき、当日はやること少な目に。社会人として当然ですよね。ねー?
朝は4時半起床、5時朝ゴハンはTKG(たまごかけごはん)とタマネギとワカメの味噌汁。
昨日書いた「朝やるTODO」のメモをみて、冷蔵庫からジェルやドリンクボトル、作ってもらったオニギリをリュックにつめる。
5時45分、車に乗り込みカーナビに目的地を入力。

「追浜」の日産工場周辺に行くのですが、「おいはま」とナビに入力しても見つけてくれません。
あとから気付いたのですが「おっぱま」なんだね。口語で「おっぱま」と呼ばれてるのかと勝手に思ってたらそのままの地名なんだね。

結局、案内に朝比奈インターで降りる事が書いてあったので、「朝比奈インター」で検索して、そこから画面タッチして日産工場に目的地設定した。朝6時台だと環八も空いてるわー。
7時10分に現地到着。駐車場に入るのは7時30分からのようなので少々待ちが発生。

駐車場に入って、本日一緒に参加の佐瀬さんと金田さんが登場。

準備

昨日、気温28度まで上がっていたので半袖しか持ってきてなかったのは失敗だった。結構風が強くて寒い。
持ってきてないのはどうしようもないのであきらめて移動開始。荷物持って、バイクに乗って受付会場まで。
駐車場内はバイクに乗るのは禁止、外に出たら乗れる。この移動は乗って5分ぐらい。遠いわー。

会場について送られてきた封筒で受付して、腕へのナンバリングをしてもらってレース準備します。

一緒に参加する佐瀬さんがテントを用意してくれたのでそこに荷物を置かせてもらいました。今回もありがとうございます。
バイクトランジッションでの準備、今日は雨が降るかも、ということもあるので荷物はビニール袋に入れて、靴は裏返しにして待機させときます。
そうは言っても、降らないでほしいなぁ。終わるまでは、せめてバイクが終わるまでは降らないでほしいなぁ。滑りそうだから。

去年のように、シューズをクイックリースにひっかけるために輪ゴムを持ってきたのに車に忘れてきてしまった。社会人なのにね。
5月の連休でオープンウォーター練習会で講師をしていた丸山さんを見つけたので「輪ゴムあったらください」って言ったら不審な顔された。
後から気付いたんだけど、ランの周回チェックに輪ゴムを使うのよね。
こいつ不正するのか?」と取られたのかも。
ちがうんです、ごめんなさい。輪ゴムでシューズを固定するのは諦めた。

そして、これがスイム会場です。じゃーん!
右の黄色と緑のボードが海への入り口。
フローティングスタート(海に浸かった状態でのスタート)なので、ここから飛び込むわけではなく、あくまで海へのステップ。
真ん中に見えるオレンジ色の三角ブイがスタート位置。左に見えるオレンジ色のブイまでがたぶん…200から300mぐらいあるんだけど、結構遠く見えるね。

ブイからブイを泳いで、最後はこのボートに登るんだけど、ハシゴを登って上がるのね。人が混むとやだなぁ。

当日行事スタート

8時45分、競技説明会やチアの応援演技を見てから本日の日程スタートです。
まずはスプリント(オリンピックディスタンスの半分の距離)、選手権などが実施されます。
選手権はさすがにどの選手も速くて、ちょうどバイクの周回区切りポイント近くで見てたんだけど、カーブも「ギューン&パシューからの〜ガシガシっ」ってもうなにそれエンジンついてるの?ってやつだった。

隣のテントの人と風と海について話をしてたら「オミノの人ですか?」って言われ、「私も着てますよっ」ってその方の上半身はオミノウェイズのトライウェアが見えてた。いやん、おそろいじゃんw
って、オミノや今後のエントリー大会の事や自己紹介もしたのに、その後お名前を忘れた。本当に名前覚えれなくて…駄目すぎて困る。
今度MTTスイムの時に誰かにお伺いしよう。

以下の写真は金田氏のFacebook投稿写真であるが、りょうすけが入水チェックに行った後に撮影された画像。
なんで仲間外れなのよw。ひどすぎるわーw。

トイレも行って、そろそろ準備するかってところでアナウンスが始まりました。

「風と海のうねりもヒドイので一般のスイムは1,500mから750m、制限時間も60分から30分に変更します。」

まじかぁー。今日オリンピックディスタンスクリアを目的に来たのに!

スイム

11時、入水チェック開始。記録計測のためのアンクルバンドをもらって装着。

さて、これから海にってところで結構緊張し始める。うはぁ、750mに縮まったのにこんなに緊張してちゃ駄目だろ。
逃げちゃ駄目だ逃げちゃ駄目だ逃げちゃ駄目だ…。

「はい、どうぞー、海に入ってくださっていいですよー」って言われたので渋々入ってみる。
水は…ウェットスーツ着てるからか、そんなに冷たく感じない。
ウェットスーツに水を入れてみる。うん、冷たくない。ウェットスーツの中で温まるの早い。

トライアスロン用に、ちょっと視界の広いゴーグルを用意してて、2回しか使ったことないのに生意気にも曇りやがって、もちろん曇りどめは塗ってないので唾つけて対応。この対応はスイムアップまで持ったのでツバは侮れない

ちょっと泳いでみると…あれ、意外といけるね。やっぱりサーフィンしてたのがちょっと影響してるか。
3.11以降サーフィンに行ってないけど、カラダは少し覚えてたかな。懐かしい感じでちょっと楽しくなってきた。

海に入ってからスタートまで15分ぐらい、ちょっと泳いだけど後は体力温存でライフガードのボードに掴まって数分待機する。
そろそろ、ってところでボードを離れポジション取りに移動する。
とはいえ、すっごく速いわけでもないので前3列目ぐらいで待機。ここが遠慮ポイント

ぷぁーっ

って気の抜けたスタート音がなった後、一斉に泳ぎ出す。Garmin 920XTのスイッチを押してりょうすけも泳ぎ出す。
波は左後ろから右前に流れてるので右呼吸で行ける。右に流されるも4回に1回のヘッドアップでブイを確認して軌道修正できる程度の流され具合。
に、しても325mってこんなに長いっけ?ってぐらいブイが遠い。

ちょっとバトルしつつブイをまわるが、バトルは思ってたより激しくなく、「こんな程度ですか。もっとワクワクさせてくれると思いました」ぐらい。ごめんなさい。

ブイを回ったら右前から左後ろに向かって波がくる。高低差は30cmぐらいあるか。
なんというか、波と呼吸のタイミングが実に合う!これサーフィンの時にやってたやつやっ!ってのが出てきた。
だけど、一回波と関係なく右の選手の手が当たって水のんじゃってむせて休憩した。
ライフセーバーがすぐ駆けつけてきたので、ホントここのライフセーバーすげぇって思った。

「大丈夫、ちょっとむせただけ」って声で伝えて泳ぎ始める。後1往復するためにスタートしたところのブイをまわる。

2往復目は3分後にスタートしてる2ウェーブに追いつかれた。3分間隔じゃ追いつかれてもしょうがないわな。
でも2往復目はすごーく楽だった。すごく速いわけでも遅いわけでもなく、申し訳程度に貼ってあるコースロープすれすれを泳いでたら周りに人がいなかっただけだったんだが、スイスイ進めた。一度復路で波に押されてきた2人とバトルになったけどこちらはうまくかわした。

スイムアップしてボードにハシゴ経由で上り、バイクトランジットに移動。

途中、前を走る選手の後ろ姿がみたことあるな、とおもったら、5月のオープンウォータ練習会の丸山コーチだった。
一つうしろのグループだったので3分程度速い事になる。「丸山さん、速いですね!」ってちょっと話をしてバイクにむかった。

バイク

トランジットで、「紅生姜団」ジャージを着ようと思ったけどうまく広げられなくて、あせっちゃって着るの諦めた。

Buffのキャップかぶって、ヘルメットかぶって、サングラスかけて、ゼッケンベルトしてバイク転がしてバイクスタートポイントへ。
用意したけど着けなかったのは、靴下、紅生姜団ジャージ。

スタート地点でさっと乗っていこうと思ったけどなんか不安になったのでシューズ外して、履いてから乗り出した。
トランジットを出て、坂のポイントを越えたら日産自動車のテストコース「グランドライブ」に入ります。

隣テントのオミノ仲間によると、この坂前後の90度カーブがヤバいからちゃんと減速していけ、と。

坂経験が0に限りなく近いりょうすけちゃんはそれなりに注意して坂にむかいました。
が、普通に登れました。一周目だからまだ足が残ってるんでしょう。これから6周するんですよ。

バイク苦手なりょうすけちゃん、慎重にまがったりしてグランドライブまで行きます。
その後、グランドライブに入って「ひろーい!!」って無邪気にやってたら時計がスタートしてないことに気づく。
「トランジットが長かったから停まったのかな?」とスタートボタンを押して記録再開させた。

「数キロ記録ロスしてるかも」って思ったけど、その後これが大きなことになるとは今は言えませぬ

グランドライブは走っててとっても楽しいコース。見晴らしもいいし、適度な高低差、走らなけどバンクもあって全力で漕ぎたくなる。
風が強いのが厳しいな。

5周目と考えてたところで雨が降り出した。坂降りる所で滑ったり、金属無いところで滑ったり。もうズルズルする。
雨もあるけど、ホイールが曲がってるから余計に何もないトコロで滑ってる気がする。

さて、最後の1周のグランドライブをぬけたところで時計を見ると「30km」と表示されてる。
「あれ?40kmがバイクのはず。もしかしてあと1周残ってたか?」って疑問が湧く。

だいぶ雨が降ってきて、滑ることも体感してもうバイク乗ってたくないんだけど、結局GPSウォッチを信じてもう1周することに。

すると、隣のランコースでりょうすけと同じぐらいのゼッケンの人が走ってるのが見えた。余を騙しおったな!!(騙してません

本降りになった雨の中、もう滑らないことだけを考えて、でも速度を出して漕いで、ランのトランジットに突入。
バイクラック見たら左右前後すでに掛かってて、「これ絶対1周多く回ったわ」が確信になる。

ラン

ランに入って、途中のチェックポイントで輪ゴムをもらい、5本集めるとゴールに入れる仕組み。これ、バイクにも応用できませんかね。
自分で数えることを棚に上げる発言ですが、皆様におかれましては無視してください。

もう1周余計にバイクしたショックからランなんてやる気ゼロですよ。
ぽくぽく ぽくぽく ただ ぽくぽく ぽくぽく 走るだけ。

雨たっぷり入ったシューズ、はまる水たまり、水っぽい音だけが響く。

三周回するけどあっと言う間に終わったね。最後スパートかけたけど直前に抜いた人に抜き返されるとかされてね。
ちっきしょー。

ゴール

ゴールであります。腕時計は2時間23分でしたが、画像では2時間43分ですね。
おかしいな…結局Garminの操作ミスってことが後でわかります。

これがGarminからStravaに転送されたデータの経路図。時間は2時間23分。
スイムからバイクの途中に飛んでるのは、おそらくスイムではスイッチを押したつもりでスタートまで押せてなかった、もしくはスタートしたけど停止を押した可能性がある。
バイク途中で時計が止まってるのに気付いて再開させたのでGPSの記録がなく、スイムからバイク途中までが途切れて直線になってるのだと思う。

記録の2時間43分と時計の2時間23分で20分止まってたのかも。

Stravaでは周りのStravaユーザとの走行ログを比較、トレースできる機能があるので見てみましたが…やっぱり7周走ってるよな…。

http://labs.strava.com/flyby/viewer/#1041871691?c=xn72cv3k&z=F&t=1PHUMh&a=S7MZPm0UGj6O6hk-zaQZPg

たられば

Facebookの神奈川トライアスロン連合ページにリザルトが出てました。

正式結果2時間42分56秒、総合187位/345人(DNS,DNF除く)中、40-44歳男子50位。

バイクに1時間38分…100分乗ってやんの!

ちょっと待って。もしバイクで1周余計に走ってなかったらどうなってたのだろう。
単純に、バイクの1時間38分の98分を6/7したら…84分。14分速く帰ってきてたことになる。これを記録から引き算すると、2時間28分。

70位ぐらい。いつもの15%ぐらいだと50位前後だが20%ぐらいに落ちてる。距離が伸びるとタイムも縮まらないか?
しかし、71位に5月の連休でオープンウォータースイムをコーチしてくれた丸山さんがいるな。スイムは抜かれたけどいいところまで行けたかもなのか。
むむう。バイク1周余計はやっぱり多かったか。

とはいえ、「たられば」とはいえ、目標を2時間15分にしてたのにこれほどとは。スイムも1,500で25分を想定してたのに半分で16分というのは、海が荒れてたというのを考慮しても遅い。バイクで1周余分に走った14分は、本来泳ぐべきだった削除された750mのタイムと考えると、2時間43分というのは実はりょうすけのオリンピックディスタンスの記録とも言える。

スイムもランも遅いし、距離と時間を稼げるバイクにも課題が見えてきてしまう。

撤収

一緒に参加してた金田さんはスイムの制限時間に引っかかってDNF、もう一人の佐瀬さんのゴールを待ちます。
佐瀬さんのグループはスタートも海の状態から遅くなったのでゴールも遅くなった。その間に豪雨が戦い終わった選手を鞭打つ。
天候が悪いので閉会式は省略します、のアナウンスもながれ、ようやく佐瀬さんがゴール。無事にゴール画像を撮影出来ました。

ですが、もう寒くてしょうが無いので早く撤収させて欲しい。

いそいでバイクを回収、片付けして駐車場に戻る。
寒くてしょうがないので一番近いファミレスにコーヒーをのみに。一番近くても4kmぐらいあって、20分ぐらいかかりました。
追浜半端ない。1時間ぐらいのんびりコーヒー飲んで、17時になったのでそろそろ帰るか、と帰路に付きました。

教訓

  • 暑くてもウィンドブレーカー、レインウェアは持っていったほうがいい。そんなにかさばらないでしょう。
  • GPSウォッチの操作は確実に。そして使い方をシュミレーションしておくこと。
  • 歪んでるホイールは直したほうがいい。
  • オープンウォーター練習はできるところで積極的に参加すべき。
  • たぶん2週間やったローラー台からの朝ランニングのブリックランは効いてた。継続すべき。
  • 天気が曇りで気温も上がらなかったからか、用意したWeider リカバリプロテイン+クエン酸のドリンクで持った。今度は天気のいい時に試したい。

次回

次は8月下旬の木更津トライアスロンに参加します。つぎこそオリンピックディスタンスをクリアしたい。